27歳独身男性会社員の熟女との出会い

熟女との出会いを求めていた私は、出会い系サイトを利用させて頂くことにしました。熟女との出会い
仕事が終わって家に帰ると、インターネットで熟女を探す毎日。
しかしこれはと思う熟女が見付かってアプローチしてみても、思ったように成果が得られることはありませんでした。

熟女探しを始めてから半月ほど経った頃、住んでいる場所が近い40代の女性を発見しました。
相手の顔は分かりませんけど何か感じるものがあり、頭をフル回転させて作った文面でメッセージを送ってみたんです。
すると1時間ほどして相手の女性から返信が。
嬉しさと興奮でちょっとしたパニック状態になってしまいました。

数回やり取りをしたところ次の様なメッセージが届きます。
『真剣に恋愛をしたいと思っていますが、私には一応別居している主人がいます。そんな私でも良ければ…』
私も『年下の男性でも構わないのであればぜひ』と返信し、彼女から直アドをゲットすることに成功。
それからは朝から晩まで、仕事中でも彼女から頻繁にメールが届いて、返信するのが大変なほどでした。

メールの回数に比例するかの様に私達は親しくなっていき、写メも送ってもらうことができました。
ちょっとぽっちゃりしていますが、結構美人で当たりの熟女さんをゲットした感じです。
私も彼女のリクエストで写メを送り、なかなかの好印象だった様子。
そんなわけで初めてやり取りしてから10日後、ついに彼女と会ってみることとなりました。

熟女との出会いを求めていた私にとって、前夜から興奮で全く眠れずに当日を迎えます。
一応別居しているとは言え相手の旦那さんに見付かるわけにはいかないので、お互い住んでいる場所が近いにもかかわらず電車で一時間ほどの場所で会いました。
写メで見ていたので驚きはありませんでしたが、42歳には見えない若々しさと熟女の色気を感じます。

その日は食事をした後、カラオケへと向かいました。
かなりの数のメールをしていたので、何だか初めて会ったという感じがしません。
年は離れていますけど、まるで恋人みたいな雰囲気だったんです。

カラオケで歌い疲れた私達は色々な話をしていましたが、気が緩んできたのか彼女がちょいちょい下ネタを喋り始めます。
もう何年もセックスをしていないという話しまでしてきて、彼女の性欲が溜っていることは容易に推測できます。
軽く手を握ってきた彼女を抱き寄せてキスすると、待ってましたとばかりに彼女の舌が私の口の中で暴れました。

私は慎重に何回かデートを重ねてからホテルへと誘うつもりでしたけど、彼女から「ホテルに行きたい」と真顔で言われては予定変更です。
カラオケの近くにあったホテルへと入った私達は、狂ったように何度もセックスを楽しみました。
熟女のちょっとたるんだお腹や、熟練された舌遣いは最高です。
彼女は乱れまくりイキまくりで、溜っていた性欲を吐き出して満足そう。
たっぷり汗をかいて化粧が落ちていましたが、彼女の顔はとても綺麗だったのでちょっと驚きました。

彼女にはそれからというもの、毎週数回はホテルへと連れ込まれています。
いくら出会い系とはいえ美人で系淫乱な女性と出会えるとは思っていなかったので、本当に私はツイていたんじゃないかと思い歓びを噛みしめています。

20歳男子大学生の人妻熟女との出会い

僕と彼女との出会いは地元のバイト先だった。
僕はバイトで、彼女はパートだった。
言い換えると、僕は学生で、彼女は人妻だった。
年も離れているし、彼女は人妻だったけれど、僕らは深く愛し合っていた。
僕は自他ともに認める熟女好きだ。
よくテレビで熟女好きな芸人が出てくるが、僕は彼らの気持ちがよくわかる。
そう、熟女は癒しなのだ。
彼女も人妻であり熟女なので、本当に癒される存在なのだ。
一つ、問題は旦那がいて、子供も2人いるので、なかなか会える時間を作れないことだった。
なのでなおさら、一緒の時間を共有することのできる職場は本当に憩いの場所だった。
彼女に会えないくらいなら死んだ方がましだと思ったことさえもあった。
そんな僕にとんでもない自体がおこってしまった。
というのは、同じ大学の後輩に告白されてしまったのだ。
告白なんて初めてだし、大学生らしい出会いも大切にしたい。
そんな風に思い、僕は人妻を避けるようになっていた。
シフトもずらし、顔を会わさなくなり、そして僕はそのままバイトを辞めた。
人妻には何も言わなかった。
人妻から何度も連絡が入っていたけどことごとく無視した。
今の僕には新しい彼女の方が大切だからだ。
母親と同じくらいの年の人妻と仲良くしているわけにはいかないんだ。
人妻は、僕がいなくたって旦那さんと子供がいるんだ。
だから大丈夫だ。
僕は自分に言い聞かせるように、必死にそう思った。
貴重な青春時代のひとときを同世代の女の子とそれらしく過ごすんだ。